(株)インザイベジフル

青果物の巨大流通ネットワークのカナメで安定した流通を支える仲卸流通ビジネス

インザイベジフル

千葉県北西部地域への青果物(野菜及び果物)の供給を担う柏市公設総合地方卸売市場。毎日朝早く、全国から膨大な品種数量の青果物が集まり、各種の小売店に販売されていきます。この全国を結ぶ青果物の巨大流通ネットワークの中心にあって、産地と小売りを結び、多種にわたる青果物の安定した流通を支えるのが、(株)インザイベジフルの仲卸流通ビジネスです。

青果物という商品は工業製品と違って長期間の在庫が利かず、さらにその生産も消費も天候1つで日々大きく変化します。だからこそ、そこには私たち仲卸流通企業の存在が欠かせません。全国の産地から集めた最新の情報と豊富な知識・ノウハウを駆使して、その時々の市場ニーズに合った商品を確実に集め、供給する。まさに人々の生活に不可欠な青果物の安定供給という重大な使命を担い、(株)インザイベジフルはつねに確実にお客様の信頼に応え続けています。

(株)インザイベジフルは若さあふれる発想とフットワークにより、従来の枠を超え全国の生産地・市場を結ぶネットワークを構築。この密接な連携によりあらゆる顧客ニーズに確実に応える強力な仕入を実現し、運送・パッキング等のグループ企業と共にトータルな仲卸流通サービスを提供しています。さらに成田市、印西市、宇都宮市へ店舗展開し関東圏内でもトップクラスの実績をあげています。

既存のやり方にとらわれず、新しい青果物流通のあり方に絶えず挑戦する

青果物流通の世界も日々変化を遂げており、世界に視野を広げた活動が今後ますます必要になってくると思われます。また国内に関してもより安く・良いものを安定的に供給し、多様化する消費者ニーズにマッチした品揃えを実現するために、新しい仕入れルートを開拓することに力を入れています。

高度な情報ネットワークで業界を変える仲卸流通の若きイノベーター

どんなに時代が変わっても、私たちの食卓から青果物が消えることはありえません。事実、青果物市場の市場規模は20年前と比べてもほとんど変化がなく、好不況の影響が少ない安定したマーケットということができるでしょう。しかしその一方で、人々の嗜好の多様化、生産・流通の情報化の進歩等により、青果物の生産地は全国から世界へと拡がり、その取引もますます高速化・高度化しています。こうした時代にあって、(株)インザイベジフル独自の緻密なネットワーク戦略と情報収集力、そして高度な専門知識&ノウハウは、いよいよ大きな力を発揮しつつあるといえます。

事前に産地に足を運び作物の出来をチェックし供給動向をつかむ、市場動向を予測してそれに合った産地を全国から探し独占契約を結ぶ、ネットワークを生かして他の市場から不足した商品を取寄せています。また入荷量の多かった商品を他の品薄な市場に送り込む「転送」と呼ばれる独自の市場間取引の手法を取り入れるなど、(株)インザイベジフルのビジネス戦略は、つねに業界の一歩先を行く自由闊達な発想に支えられています。まさにこれからの展開がますます面白い、「仲卸流通のイノベーター」(株)インザイベジフルにご注目下さい。

設立1984年5月
資本金9千万円 株主数 68名 従業員株主/22名
従業員数52名
売上高46億1044万円(2023年2月)
配当金5%(2023年2月)連続47年間配当を行っています。(前身会社時代を含む)
事業所本社/千葉県松戸市 店舗/柏市、印西市、宇都宮市
取引銀行京葉銀行、千葉興業銀行、千葉銀行、常陽銀行
主な取引先
(株)アグリプラス
(株)いなげや
印西市学校給食センター
(有)川口青果
こばぼう
三久青果
(株)三和
(有)秀翔
JA富里市
石窯パン工房サフラン
デイリーヤマザキ
JA成田市
JA印旛農産物直売所
(有)青果のこたに
青果ネーブル
(株)ダイヤアグリシステム
(株)タカヨシ
タイヘイ(株)
(株)トップ
(株)福田屋百貨店
(株)マミーマート
(株)松戸萬味
(株)六次化作業
八百廣青果
渡辺食品(株)
(株)ワイズマート
JA茨城みなみ
倉田青果
その他、松戸市、柏市、
成田市、印西市近在の
主要青果小売店約250店

当社の環境に対する取り組み

年々、深刻化する地球規模での環境問題、刻々と変化する社会情勢、顧客及び関係機関の環境問題に対する要求の中で、当社の青果物の仲卸及び運搬業務においても、環境保全の要求が高まっており、従業員の省資源・省エネルギー意識や環境意識も高まりつつある。そのような中で、当社がISO14001規格に適合した環境マネジメントシステムを構築し、維持することは当社の責務として妥当であり、地球環境保全の一助となると考えられる。また、それによって、従業員、地域社会、顧客、取引先などに対しても相互の信頼感を醸成して行くことが可能であると考えられる。

このため、従来から行ってきた環境に対する単発的な取り組みを当社の経営システムの中に組み込み、体制を整え、システマチックで一貫した効果が上がる仕組みとして、2003年2月からISO 14001の導入を開始した。当社の最終的なISO 14001適用のねらいは、地域の環境に融和し、地域住民や利害関係者からの期待や信頼に応えることである。

対外情報窓口

当社の環境に関する対外情報窓口(問い合わせ先)は、次のとおりである。
対外情報窓口: 本部(TEL:047-349-1111  FAX:047-349-1777)
窓口責任者 : 環境管理責任者  中島 崇
また、一般の人からの求めに応じるために、環境方針を含む当社の概要及び当システムの運用状況を当社ホームページ上で公開している。
ホームページアドレス: http://www.inzai-net.co.jp

環境方針

環境方針は社長が決定する。
当社の環境方針は、基本理念と行動指針をもって構成するものとする。

基本理念

株式会社インザイベジフルは、千葉県北西部において青果物の仲卸の事業活動を行なっています。環境に敏感な野菜や果物を扱う当社は、何よりも、まず、環境の認識が求められています。環境保全の要求がさらに高まっている現在,環境マネジメントシステムを構築し,実践することにより、汚染の予防と継続的改善をはかり、環境と調和する企業を目指し,豊かな社会づくりに貢献し,地域社会にも奉仕することが当社の責務と考えます。

行動指針

当社の活動は,野菜や果物を扱う市場でさまざまな青果物を仕入れ、百貨店・量販店・小売店等に販売するという青果物仲卸というビジネスを展開しています。
取り扱い商品は「青果物」ですが、販売した青果物を客先に運搬する業務まで含まれます。活動エリアは千葉県・茨城県・埼玉県・東京都・栃木県を主力にして、松戸市・柏市・印西市・宇都宮市に拠点をもち、2サイトで事業活動を行なっています。
以下に示す活動指針のもと、組織全体にて環境保全活動に努めることをお約束いたします。

  • 当社をとりまく環境を正しく認識し、環境負荷の低減のために環境マネジメントシステムの継続的改善をはかり、汚染の予防に努める。
  • 当社の事業活動にに関連する環境の法規制及び当社が同意するその他の要求事項を遵守し、環境に影響を与えるおそれのある事業活動について責任をもって管理する。
  • 環境負荷の低減のために環境目的及び目標を設定し、組織全体で目的・目標の達成のための活動を展開し,見直しをはかり成果の達成に努める。
  • 当社の事業活動である「青果物の仲卸及び運搬業務」にあたり、公害となる要素の負荷の低減として大気汚染防止に努め、地球環境問題でもある省資源・省エネ・廃棄物削減・リサイクルに努力する。
    さらに、プラスの環境影響を生み出す活動を継続的に行ない,地球環境改善の活動にも積極的に参加する。これらにはグリーン購入・緑化の推進など地域環境改善活動への協力も含まれる。
  • 本方針を達成するために環境マネジメントシステムを構築し,実施し,維持する。
    方針は文書化し、明確にするとともに全従業員及び当社の為に働くすべての人に周知をはかり,環境意識の向上に務める。
  • 環境方針は一般の人が入手できるようにホームページなどにて公開する。
    環境方針(基本理念及び行動指針)は、「環境行動カード」にして全従業員にもたせ周知させるとともに、主要な協力会社及び資材納入業者など当社のために働くすべての人にも、通達などを通じて周知させる。また、当社ホームページを利用して、一般の人々にも呼びかけて、当社の環境保全活動に理解を求める。

環境宣言

当社は常に次のことを念頭において事業に取り組み、地球環境に融和し、地域住民やすべての利害関係者からの揺るぎない信頼を維持していくことを公言する。

  • (1) 環境に関する法令・規制・協定・判例などすべて適用可能な法的要求事項及び当社が同意するその他の要求事項を遵守する。
  • (2) 環境パフォーマンスの継続的向上に努める。
  • (3) 廃棄物等の資源の有効活用とそのための技術の改善を推進する。
  • (4) 全従業員及び当社のために働く全ての人の環境保全意識を高く保ち、社会との共生を図る。

社長の責任として、当システムの構築及び管理・運営について実施及び維持するとともに、常に見直しを行い改善しつつ、この責務を負うことを宣言する。

2021年12月22日
株式会社 インザイベジフル
代表取締役社長 榎本 辰夫

2003年9月30日付けにてISO14001の正式認証を取得致しました。
登録証番号 C2003−02334  C2003−02335
関係各位のご協力に対し心から御礼申し上げます。
今後もISO14001認証企業とし環境マネジメントシステムを確実に実践致します。
さらなるご協力をお願い申し上げます。

TOP