TOP > グループ概要 > 社長あいさつ

社長あいさつ

社長写真

代表取締役社長 田中淳一

2012年5月インザイベジフル新社長へ就任(当時47歳)。高校卒業後、東京の築地市場の青果仲卸社長の下で2年間住み込み修業し、その後アメリカで1年間、輸入果実の現状を勉強。帰国後、同社へ入社。15年間は現場担当者として、輸入果実から国産果実まで幅広く取り扱い、生産者と販売者の懸け橋に奔走し、多くの経験を積んだ。その後、15年間は本部の管理部門を担当。現場での経験から管理部門では鋭い視点で次々と業務改善に努めた。先代の創り上げた事業を安定化し、更なる飛躍を至上命題として社長就任後、組織作りを強化している。趣味は芝居やミュージカル鑑賞を嗜むこと、そして、「気心知れた仲間と呑むお酒は格別だ」との社長談。同社の若者ともコミュニケーションを図り、より親しみやすく、風通しの良い会社を目指している。

お客様のニーズに応えるため、組織力をより一層高め、生産者の想いを消費者まで伝えることで、皆さまが幸せに、顧客満足度の高い企業を目指します。

先代から受け継ぎ、無事に二代目社長として就任出来たのは、ひとえにお客様、関係各位のお陰と深く感謝をしております。
今後は、大きく分けて第一フェーズ、第二フェーズで会社の発展に努めて参ります。第一フェーズは、社内の組織づくりです。これまで人材育成の仕組みが薄かったことも否めず、商品を知るには、現場に足を運ぶことが一番重要という実経験から、現場担当者を積極的に産地研修に出すなど、担当者レベルでの交流を深めていきます。
第二フェーズでは、企画開発を中心として、新規事業展開へと繋げていきたいと思います。現在、食品に対する消費者視点は年々厳しくなりつつも、青果業界はまだまだ開拓が進んでいない領域も多く、お客様にとって本当に安心、安全で満足頂けるものをご提供できるよう青果業界のエキスプローラーとしてこれからも皆様のご期待に応えるべくがんばって参ります。

会社の概念図